日本の平均気温が過去最高 世界の平均気温も3年連続過去最高更新

気象庁は、2016年の日本の平均気温は過去最高となり、世界の平均気温は、3年連続で過去最高を更新したと発表した。
気象庁によると、2016年の日本の年平均気温は、1981年から2010年までの30年間の平均値より0.88度高く、1898年の統計開始以来、過去最高となった。
また、2016年の世界の年平均気温は、30年間の平均値より0.45度高く、1891年の統計開始以来、過去最高となり、3年連続過去最高を更新した。
気温上昇の要因について、気象庁は、地球温暖化や2016年の春まで続いたエルニーニョ現象が考えられるとしている。



この記事へのコメント